若手女優の歌手活動が活発化

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)などに出演しブレイクを果たした女優・上白石萌音が、8月にオリジナルフルアルバム「note」を発売。

若手女優の歌手活動が活発化

記事では若手女優の歌手活動はアイドルブームの盛衰と因果関係があるのではないかと推測しており、2010年代に起きた「アイドル戦国時代」が2020年になり、コロナ禍による活動の制約もあって一時期の勢いは無くなっていると報じている。

上白石萌音 – 「永遠はきらい」Music Video

柴咲コウとかはけっこう昔から両立させてるよね

※以下、ネット上の反応

今のこの若手女優歌手ブームの先陣斬ったのって高畑充希だよな?

池田エライザの声はいいわ癒しがある

まぁ歌手も俳優活動したりするし、不思議なことではない

柴咲コウとかはけっこう昔から両立させてるよね

女優ってだけでわりとバイアスかかった見方する人も居るわ

もう歌手がなんかのオマケみたいになってない?俳優兼ミュージシャン、声優兼ミュージシャンとか
結局時代的にマルチに活躍できる人が求められているというか生き残りやすいんだと思う

その世代じゃなきゃ歌手なのか俳優なのか分からない人多い

当たるかどうか分からない無名の新人よりネームバリューある女優に歌わす方がリスクは低いもんな

歌を大衆に届けるチカラなら、並のシンガーやアイドル達より俳優の方が出来るケースもあると思う

正当なアイドルに求めるスキルが高くなってきただけじゃないのかな。
顔も良くて演技はもちろん歌やダンスもって、ハードルが更に高くなったのかな。

 

コメント

  1. 10年くらいの周期であるからなぁ
    綾瀬はるかとか新垣結衣とか

タイトルとURLをコピーしました